熊本県全域のシロアリ駆除専門・調査・予防対策 石山建創

石山建創は熊本県でシロアリ駆除・予防対策を専門とする伝統ある技術を推進する会社です。

〒861-8003  熊本市北区楠4丁目1-3

駆除

被害拡大!

先日お世話になった現場での出来事。

床下の環境はとても風通しが良好で築50年を感じさせないベタ基礎のご自宅です。

かなり昔のヤマトシロアリの蟻道が1本ありました。かろうじて木部にはさほど害を出していませんでした。

吹き抜けの床下のように風通しが良いので枯葉などもかなり入り込んでいました。

IMGP2850

新築や改築の時の木片。それと木屑がたくさんでした。

木屑はよく見ると…。

IMGP2855

土台に無数の木栓(斑点に見える物)が…。

どうしてこんなことに…。以前までお世話になっていたシロアリ業者さんが、かなり真面目な方で、

薬品注入をするための穴を5年おきに一つずつ増やし、一間ぐらいの間に最初は4つ程だったのが25年程経過すると、

画像のように同じ間隔で増えていくので、土台が穴だらけに…。

しかも、積もり積もった木屑は床下に放置。

IMGP2850-1

50リットルのゴミ袋に結局5袋以上の大掛かりな床下の清掃になりました。

IMGP2856

土台の丸いものは、穴をあけて栓をしてあるのだが、あまりの多さに驚愕しました。

いくら大きい土台でもシロアリ以上の被害は強度がなくなるのは当然!

シロアリ対策はマニュアル通りの施工ではこのような被害を生みます。

シロアリは駆除できても、業者は駆除できません。シロアリ対策は業者選びから始まります。

今回、施主様も画像を見られてびっくりされていました。

地域性、立地条件、床下の環境に応じたシロアリ対策は臨機応変。千差万別です。

木屑を床下に放置するのも対策に乗じた被害になってしまいます。

必要な穿孔(穴をあける)処理も必要な個所もありますが、ここまで来ると異常です。

私が師と仰ぐ方はこの穿孔跡を見て『おまじない』と喝破されました。

しかも、施主様は必ず施工後は1週間ほどは頭が痛くなっていたそうです。

おそらく大量に散布された薬剤が揮発し蒸散したものが、室内に流入していたのでしょう。

これ以上の大きい被害にならずに本当に良かったと思います。

 

 

元気のない樹木

道路沿いに大きなクスノキが植え込んであります。大きいもので直径1mを超えるものもあります。

道路管理をする側も大変なことかと、あれこれ思考を巡らせながらの朝の散歩道の途中。

ご近所の樹木ですが、少し枯れて元気がないので気になりました。

地域名と同じのクスノキ。

kusu4

クスノキは樟脳の香りがするらしくて、樟脳って何?クスノキの枝葉を蒸留して得られる無色透明の固体で、防虫剤や医薬品等に使用されるそうです。

またカンフル注射のカンフルはこの樟脳の事だとwikに記載してありました。

それが本当のことかどうかは、私にはわかりませんが、確かに樟脳とか防虫とか聞いたことがあり『なるほど』と納得した次第です。

あまり歩いて通ることのない道をひたすら歩き近寄ってみると、

kusu3

イエシロアリの被害がありました。下回りには画像の他にもかなりの量の蟻土を噴出していました。

こっそりのぞいてみると、元気に活動するイエシロアリ。

kusu2

上を見上げると枝払いした傷跡にも蟻土の噴出。

kusu1

角度を変えても蟻土の噴出。

原因はイエシロアリの被害が、樹木の生態に影響を出しているとゆうことでした。

どうしても目線に入ってしまう樹木。すぐ近くには大きいテナントの駐車場の水銀灯が夜遅くまで明々としています。

以前からイエシロアリの活発な地域です。

これからも観察を続けていきたいと思います。

朝のウォーキングコースも決まりました。

 

 

イエシロアリの群飛 Vol.1

久しぶりの更新になります。

今回は6月11日に群飛した現場の調査報告です。

下の羽アリはおそらく10日前に群飛したシロアリがたまたまビンの中で生息していたものでした。

その地域では11日の夜に群飛。熊本市の中央の地域であちらこちら群飛の確認が報告ありました。

 

 

11-1

現場はイエシロアリの毎年による群飛。物件の狭小物件で、戦後のままの店舗を幾度となく改修し、今現在に至る状況でした。

地元の業者さんが、根本的な駆除でなく、目の前のシロアリの駆除だけの対策を施工されていたようでした。

これによりシロアリは根本的な処理への対策は講じられず、その時だけの消毒処理でしかなかったようです。

私はシロアリフォーラムでご一緒させていただいてる、福岡のサトーシロアリ技研の佐藤さんにお願いして調査を一緒にしていただきました。

14-1

ターマイトトラックでの調査で目視できない部分への調査を始め、忘れかけていたシロアリへの執着心、あくなき探究心、改めて勉強させていただきました。

シロアリフォーラムに参加していなければ、私はまだ、熊本県内で蔓延する消毒風のシロアリ駆除や、無駄な材木への穿孔処理(部材に穴をあける)を続けていたと思います。

シロアリと向き合うその心をまた、よりよき同志、先輩からまた、学ばせていただきました。

調査で確実に生息を見きわめて、物件への処理対策は被害に応じてケースバイケースで臨機応変な対処が大事と思います。

過度な薬品処理は必要ありません。ピンポイント駆除は石山建創へご依頼ください。少量の薬剤で確実な駆除施工をお約束いたします。

続きは後日 ご報告いたします。